ハイジ / ヨハンナ・シュピリ

アニメでは、ひたすら無邪気で活発な印象のハイジですが、原作では、とてもナイーブで信心深い面が描かれています。
ハイジの友達といえばクララとペータ。2人との友情はもちろん印象的ですが、2人のおばあさんたちとも密接な関係を持っています。
裕福で世界を旅するクララのおばあさんと、貧しく病気で目が見えず暗い部屋に閉じこもっているペーターのおばあさん。2人の正反対の老婦人にとって、ハイジは生きる希望そのもののような大きな存在になり、老婦人たちもまたハイジに沢山の教えを与えます。
老婦人たちの教えや、ハイジの言葉、絵画やアルプスの風景描写はキリスト教の教えに満ちています。
著者のシュピリは、熱心なカトリック信者だったというのも頷ける、信心深いお話です。

ヨハンナ・シュピリ「ハイジ」
[PR]
by saaaato | 2010-01-22 20:01 |