クリスマスに、なくてはならないもの。
それは...びっくりさせること! ですよ。
「もぐらくんとクリスマス 」/作:ドスコチロヴァー 絵:ミレル

[PR]
by saaaato | 2010-12-16 14:41 |
いつかフランス語を覚える日がくるかな。

「フランス語のぼうけん AからZ 500のことば / アラン・グレ」

[PR]
by saaaato | 2010-07-25 09:39 |
しげみに かくれているのは だれかな?



「だれのおめめかな? どうぶつえん」
a0135141_10123339.jpg

[PR]
by saaaato | 2010-06-06 10:12 |
リサとガスパールの料理本。



『リサとガスパールのクッキングブック』
a0135141_935625.jpg

[PR]
by saaaato | 2010-03-21 09:04 |
オペラ座のバレリーナに憧れるイリアちゃんの写真絵本


MIKA POSA「パリの小さなバレリーナ」

(「パリの小さなバレリーナ」をまるごと見れるページ)

[PR]
by saaaato | 2010-03-07 10:20 |
アニメでは、ひたすら無邪気で活発な印象のハイジですが、原作では、とてもナイーブで信心深い面が描かれています。
ハイジの友達といえばクララとペータ。2人との友情はもちろん印象的ですが、2人のおばあさんたちとも密接な関係を持っています。
裕福で世界を旅するクララのおばあさんと、貧しく病気で目が見えず暗い部屋に閉じこもっているペーターのおばあさん。2人の正反対の老婦人にとって、ハイジは生きる希望そのもののような大きな存在になり、老婦人たちもまたハイジに沢山の教えを与えます。
老婦人たちの教えや、ハイジの言葉、絵画やアルプスの風景描写はキリスト教の教えに満ちています。
著者のシュピリは、熱心なカトリック信者だったというのも頷ける、信心深いお話です。

ヨハンナ・シュピリ「ハイジ」
[PR]
by saaaato | 2010-01-22 20:01 |
パパカメラさんのような素敵な写真は撮れないけど、
とりあえず楽しきゃいんだなと、思える本。
今まで何も知らずにただ「この写真好きだわ」って見て来たものに
自分なりのつながりみたいなものを感じたりして。
詳しくはコチラの書評をどうぞ。

ホンマ タカシ「たのしい写真-よい子のための写真教室」
[PR]
by saaaato | 2010-01-14 20:41 |
「ら、ら、ら、ら!」
マルチンは うたいながら
まっかな りんごを もって うちへ はいりました。
きっと おやつに たべるんでしょうね!

「りんごのき 」(世界傑作絵本シリーズ―チェコの絵本)
[PR]
by saaaato | 2009-12-13 09:05 |
ペネロペのしかけ絵本。
パリの名所に、楽しいしかけがいっぱいです。



「ペネロペ パリへ いく」

[PR]
by saaaato | 2009-11-21 07:59 |
次はエッフェル塔。
エレベーターが上ります。



a0135141_752551.jpg

[PR]
by saaaato | 2009-11-21 07:52 |